Photo Gallery

  
  
モスクワ
  
  
スズダリ・ウラジミール
  
 サンクトペテルベルグ
 
  
 エルミタージュ美術館
  
  ピヨトール大帝の夏の宮殿
  
 
カレリア共和国・キジー島
 
 

 
 Russia of nights with the midnight sun

 Last update:30/Aug./2009
 
 Web master: haruhiko shinozaki

 
 明治以来ロシア文学は、人生論の教科書的存在として日本人に受け入れられてきました。
ドストエフスキーやトルストイの文学はその代表でもあり、ロシア文学に夢中になった人は少
なくないでしょう。また音楽やバレエ、絵画などにも親近感を抱いていました。

その反面、「暗く、不気味で危険な国」「巨大な後進国」といったイメージも根強く残っています。
ロシアは実にさまざまな顔を持つ謎の多い国であります。

そんなロシアを訪れた印象です。

歴史に名を留める教会を訪ね、規模も内容も超一流な美術館や宮殿を巡ってみて、途方もなく
偉大な国であることを実感しました。そして、広野と森と河の豊かな大自然に感動しました。

一方、ロシアに到着して最初に閉口したのは、パスポートコントロール(入国審査)での行列で
した。ソ
連末期にモノを求めてとてつもなく長い行列が、あちこちにできていたニュースを思い
だしました。

ソ連崩壊から20年近く経過した現在も、行列をなくそうなどという改善策はほとんど感じられず、
お客へのサービス精神というものは重要視されていないようです。劇場のチケット売り場、スーパ
ーマーケットのレジ、予備校の申し込みですら、長蛇の列です。


こんな一面を見ると「ロシアなど大した国ではない」という見下した感覚が起こってしまいます。
旧ソ連時代から脱却し、労働生産性を高め、民主主義の質を向上させるには、まだまだ時間が
掛かりそうです。(2009年7月)
 
 

 

葱坊主・ワシリー寺院